スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼での生存術

今、潜伏狼で生き残るのなら、オススメの手を一つ紹介する。

潜伏型観察系
いわゆるステルス手であるが、
ここでいうステルスとは、「あいさつだけしてしゃべらない」ではない。
こちらの情報を相手に与えず、相手から得られる情報だけで進行させることが重要である。
そして「吊られを一切恐れず、会話などから狼だけを探している村人」になりすますのである。

では、具体的にどうするのか?
1)あいさつは出来るだけしない
2)序盤構成把握や、CO促しなどしない
3)正論に見える理由を付け個人を攻撃する
4)その際、強誘導ではなく、可能性が高い程度の理由を使うこと
などである。

コメント数は極力抑え、吊られの1歩手前で序盤を凌げば、後半は噛み先次第となる。
また、序盤100%吊を回避したいのなら「即囲」をしてもらう事。
これは後半リスクとなりうるが、複合手を用意しつつ展開していけば致命的とまではならない。
スポンサーサイト

狼の勝ち手

使い古された手だが久しく見ない為、今は斬新と見えつつある2連囲いの有効性について。

ABCが狼とする

A:B○C○
狂:?○?○
占:?○?○

この手のメリットは
1・2日目グレランから狼2名(占・囲)を除ける
2・2日目夜グレーに狼1しかいない=○進行になりやすい
3・3日目の時点で全○なら、4日目朝の時点で4名削れる(2吊喰3吊喰)

グレーを占うというセオリーがある以上、(2)の○進行という事が非常に強みである
そして3、4日目Aは絶対に破綻しないため、喰先の○も用意すれば、呪殺にも対応できる
さらに、連囲に見慣れないプレーヤーが多い為、BもしくはCが終盤●を打たれたとしても片方が生き残りやすい。
ということがある。

信頼勝負を打つ狼手ならば、非常に有効で、
これに即霊能喰を加えれば狼主導で村を進行させることが出来る。

スタイル

僕が不得意な
~だから~である
を軸にプレイするように変えました。

これは、レーダーが本格的にダメになってきた事と、
マンネリ化による作業という状況を変えたかったからです。

上手い人の理詰めというレベルまではいきませんが。
(今日も上手く説明できなかったり)
~ 3時のおやつと普通村 ~ 43813番地

役割分担

破綻手などもそうですが、2騙などにおいて片方が怪しまれるように振舞う事によって、プレーヤーの目を欺く事ができます。
簡単に言うと、3人などの占いから真を探させるのではなく、偽を探させるのです。
そして
「こっち偽ぽいなあ」「妖しいなあ」

「やっぱり偽」
という思考の流れを、なるべくゆっくり進行させる事が重要です。

これはかなり効果的で、僕が2騙りなどではよく好んで使っています。

Category

Archive

→ Reset

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。