スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再起動祭り

へんなの拾っちゃったようで
しばらく参加控えます
スポンサーサイト

よくわからないのだけれども

吊り回数が5回ほどある
グレーに残存が狐1狼1確定



共有の吊り指定ってなに?なんの為にするの?
狼に狩人COさせる為?

やっぱり2日目から狼狙おうぜ

狼が、どのような行動をとるのかを知ることができれば、アナタの打ち手も変わってくるだろう。

では、グレーの狼が吊られない為にとる行動を一緒に考えてみよう。

まず、彼らは吊られたくありません。
吊られない為には、ステルスを避けなければなりません。
その為には、発言をしなければなりません。

おわかりでしょうか。
彼らは、推理したことや、誘導の為にしゃべるのではなく、
吊られない為の会話をするのです。
いわゆる『発言稼ぎ』というもの。

この『発言稼ぎ』の典型的な例として、ご存知の通り

「2-2ですね」
「3-1-2か」

などの「構成確認」があげられます。
でも、これだけなら初心者にもありがちですよね?
連動して考えなければならないのが、今回のポイントですけれども

「後乗り」

発言する為には、なにかしらのネタについてしゃべる事が一番簡単なのです。
アナタは、初対面の人と会話をするとき、よく「天気」の話をしませんか?
それは、共通した話題がないとき、「天気」はすべての人にとって共通のネタだからです。

「今日は暑いですね」
「そうですね」
「昨日も暑かったですよ、そういえば昨日…」

些細なネタに他者と一緒に“つっこみ”や“同意”をすれば、会話を稼ぐことは容易なのです。
ですから、何かしらの話題に、「後乗り」でコメントを落とす『発言稼ぎ』を注意してみましょう。


昔の記事で簡単にまとめたものがありました。現在でも有効なまとめですので参考までに。
2日目人外のキモチ
http://ebsw.blog84.fc2.com/blog-entry-53.html

盲点

最近、狐になったら狼狙いで●2つ出せ!という記事を書いたが
それをベースにした展開手を実際にやってみた

結果から述べると、村人に●を出しても「3つめの●」で対応出来るということ
そう、

このゲームは、●を3つ出せるのだ

●2で狼2を当てろ。という戦術より遥かに現実的
これまでは盲点だったが、打ち手をさらに柔軟にさせれば、違った角度から物事が見える

丁度いいタイミングで狐になったので、視界がすこし、開けたかな

~ 普通村 ~ 68982番地

勝利至上主義者よさらば

我流という名のもとに、打ち手を自ら狭めている感がある
引き出しは多くなったが、開ける場所と開けない場所の差がありすぎるように思えてきた
手詰まり感はそうしたところから発生していると考える

根本的な問題として
戦術はあるのに使わないのはなぜか
極論を言えば“勝てない”からである
しかし、勝てない、(だろう)といういわば捨て身の策を、愚手として切り捨ててしまったのは誰か

それは自分自身であり、多角的に検討したようでそうでない部分が実際はあるのではないだろうか

けれども、勝敗への執念はこれまでより一層稀薄になることは明らかであり
それを良しと出来るのか

それが問題だ

Category

Archive

→ Reset

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。